朝日ライフ アセットマネジメント株式会社は、米国ハリス・アソシエイツ社(以下ハリス社)に運用を委託する新商品「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」を6⽉26⽇に設定しました。

・投資信託に係わる投資リスクについてはこちら→「投資リスク」
・投資信託に係わる費用・税金についてはこちら→「ファンドの費用・税金」
・交付目論見書はこちら→「交付目論見書」 請求目論見書はこちら→「請求目論見書」

Q.新商品「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」設定の背景やコンセプトは?

これまでのマーケティング活動の中で、お客様や販売会社様から「信託報酬と分配を抑えたハリス社のファンドがほしい」とのお声を頂いていました。また、当社若手社員が「自分たちが長く投資したい商品とは何か?」を真剣に考えた結果、新商品のご提供に至りました。

ズバリ!新商品のコンセプトは、「ハリス社の運用ノウハウを生かし、信託報酬と分配を抑えて長期の資産形成を目指す」ことです。ポイントは2つ。①信託報酬(税抜1.5%)を低めに設定し、②原則として分配を極力抑制する方針としました。まさに、ファンドの名称の通り、複利効果による資産の成長を目指します。

 ※当社がハリス社に運用を委託する既存商品の信託報酬と比較した
  ものです。

Q.ハリス社について教えてください。

1976年に米国シカゴで設立したハリス社は、バリュー株運用で評価の高い会社です。主力商品の「オークマーク・インターナショナル」(2018年3月末時点、純資産残高4.8兆円)は2018年1月に新規募集を停止するなど人気を得ています。

ハリス社の投資哲学ですが、「優れた長期的な運用成果は、『本来の企業価値に比べて株価が著しく割安になっている質のよい企業に、その企業のオーナーとして投資する』ことによって達成される」というもので、会社設立以来、40年以上一貫しています。

ファンドの投資プロセスについては、業種横断型の運用担当者(アナリスト、ファンドマネジャー)が独自の投資アイデアに基づき個別銘柄を徹底的に調査します。そして、企業・経営陣の質や企業価値評価の妥当性について運用チームで徹底的に討議し、承認されれば、会社としてポートフォリオに組入可能な買入対象銘柄となります。その後、複数名の担当ファンドマネジャーが、買入対象銘柄の中から国別・業種別のバランスや銘柄の流動性などを考慮して、銘柄数を絞った集中ポートフォリオを運用しています。単独のスターファンドマネジャーに頼ることなく、投資哲学を共有する全ての運用担当者の投資アイデアを生かすことができるチーム運用体制が特徴です。
 ※「オークマーク・インターナショナル」は、米国籍投資信託 OAKMARK INTERNATIONAL FUND
  のことであり、日本では販売されていません。参考情報として提供することのみを目的として掲載
  しています。

(ご参考)「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」の投資プロセス

※「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」の目論見書より作成

Q.新商品「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」と既存の商品の違いは何ですか?

当社がハリス社に運用を委託している3つの商品(下表)は、同じ投資哲学と投資プロセスで運用されています。主な違いは下表の通りです。投資対象の規模(時価総額)や銘柄数、担当ファンドマネジャー、信託報酬、決算などが異なります。

  ハリス世界株ファンド
(資産成長型)
 ハリス世界株ファンド
(毎月決算型)

 朝日Nvest グローバル
バリュー株オープン
(愛称エーベスト・イー)
 
設定日 2018年6月26日  2010年4月22日  2000年3月24日
信託報酬  1.62%
(税抜1.5%)
 1.998%
(税抜1.85%)
 1.944%
(税抜1.8%)
決算
 年1回決算
(原則として分配を
極力抑制)
 毎月決算  年1回決算
マザーファンド  ALAMCOハリス グローバル
バリュー株マザーファンド
 同左
 朝日Nvest バリュー型
外国株マザーファンド
投資対象銘柄数
 中大型株
20~50銘柄程度
 同左
 中大型株、小型株
30~50銘柄程度
参考指数  MSCI Kokusai Index(ドルベース)を
円換算して算出
 同左
 MSCI All Country World Index
ex Japan
(ドルベース)を
円換算して算出
担当ファンドマネジャー
 デビッド・ヒーロ
トニー・コニアリス
マイケル・マネリー
コリン・ハドソン
ロバート・ビエリッグ
 同左 デビッド・ヒーロ
トニー・コニアリス
クライド・マクレガー
ジェイソン・ロング
※2018年6月8日時点

Q.お客様としてはどのような方をイメージしていますか?

新商品「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」は、特に、長期・積立投資を通じて資産形成に取り組む方々にご活用いただきたいと考えています。5年後にはつみたてNISAの対象商品になることを目指しており、長くお客様のお役に立てればと思います。

「ハリス世界株ファンド(毎月決算型)※1」は、過去5年以上毎月100円程度の分配金が支払われている商品です。毎月の分配を期待するお客様にご活用いただいております。
 ※2018年6月8日時点。収益分配金額は、委託会社が基準価額
  水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対象額
  が少額の場合は分配を行わないこともあります。

「朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))※2」は、18年以上の長期の運用実績と多くの受賞経験があるロングランファンドです。年齢や投資期間にかかわらず、幅広いお客様にご活用頂いております。

引き続き、ハリス社の商品を通じて、お客様のニーズに応えて参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

※1「ハリス世界株ファンド(毎月決算型)」についてはこちら→「ハリス世界株ファンド(毎月決算型)」ページへ

※2「朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))」についてはこちら→「朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))」ページへ

販売会社

・本資料は、朝日ライフ アセットマネジメント(以下、当社といいます)が、「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」、「ハリス世界株ファンド(毎月決算型)」、「朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))」の運用の内容やリスク等を説明するために作成したものであり、法令に基づく開示資料ではありません。
・当ファンドは価格変動リスクや流動性リスク等を伴う証券等に投資します(外貨建資産に投資する場合には為替リスクもあります。)ので、市場環境等によって基準価額は変動します。したがって投資元本が保証されているものではありません。運用による損益はすべて投資家のみなさまに帰属します。
・本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。
・本資料中のグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
・本資料に記載されている内容は、今後予告なしに変更することがあります。
・ファンドの取得の申し込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をお渡ししますので、必ず内容についてご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。
・当ファンドは、金融機関の預金または保険契約ではありませんので、預金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関でご購入いただいた場合は、投資者保護基金による支払いの対象にはなりません。

以上